校長 佐藤 裕幸

大阪市立水都国際中学校・高等学校は国家戦略特別区域法に基づき、2019年4月、大阪市住之江区に開校した日本で初めての公設民営の中高一貫教育校です。大阪市立の130番目の中学校として、また21番目の高等学校として、公立学校の水準をしっかりと守りながら、指定管理法人である学校法人大阪YМCAが有する世界的なネットワークや、大阪の地で130年以上の長きにわたり積み重ねてきた青少年教育のノウハウを存分に生かして生徒を育み、保護者、地域社会の皆様と共に歩んでいきたいと願っております。

本校は「英語教育」、「国際理解教育」、「課題探究型授業」を3つの教育の柱とし、心、知性、身体のバランスの取れた全人教育を理念の核としています。主体性と寛容性、多様な人を尊重し思いやる豊かな心、探究心、深い思考力、幅広く高い知性を養い、異なる人々とともによりよく生きる力を育みます。そして、地球的な視野に立ち、地域社会と国際社会の平和と発展に貢献する人を育成することを目標としています。

また、上記の3つの教育の柱に基づいたカリキュラムや学校での教育活動をとおして、生徒には、1.思考力スキル、2.コミュニケーションスキル、3.リサーチスキル、4.自己管理スキル、5.社会性スキル、を身につけ、3年後ないし6年後には、国内、海外を問わずそれぞれが希望する進路へ進んでいってほしいと考えています。

2019年4月に入学した生徒たちは、開校1期生として自ら学校の文化を作っていこうという意気込みにあふれています。未知の事柄やこれまで苦手だったことにも積極的に挑戦してみようという意欲を持っていることが本校の生徒の長所だと考えています。開校から数カ月がたち、生き生きと活動し、様々なことにチャレンジして日々変化していく生徒たちを間近で見守ることができることに喜びを感じています。

開校からまだ日が浅い本校ではございますが、全国各地の学校から、また世界各国の学校から集まってくれた意欲にあふれる教職員と共に全国初の公設民営の中高一貫教育校として、公立学校の教育と民間法人の知見の融合、日本の教育と欧米の教育の融合など様々な課題にチャレンジしながら、新しい教育を開拓していくチャレンジャーとして今後も生徒を育んでいきたいと考えております。ご関係の皆様におかれましては引き続き本校の一層の充実・発展に向けてご支援とご協力を賜りますよう心からお願い申しあげます。

大阪市立水都国際中学校
大阪市立水都国際高等学校
校長 佐藤 裕幸


Osaka City Suito Kokusai Junior and Senior High School is the first public junior and senior high school in Japan to be operated by a private organization--Osaka YMCA. This landmark school was established in April 2019 in the Suminoe ward of Osaka city under the National Strategic Special Zone Law. As the 130th public junior high school and the 21st public senior high school in Osaka city, we adhere to public school regulations and curriculum requirements. At the same time, we introduce a new student-centered spirit to public education in Japan. From its foundation in 1882, Osaka YMCA has focused on developing the spirit, mind and body of youth, on active participation, on international mindedness and on making positive differences in communities. We would like to walk forward with students’ guardians and members of our local community.

Three academic pillars at Suito Kokusai are 1) English Education, 2) Education for International Understanding and 3) Inquiry-Based Learning. Supported by these pillars, we nurture students’ independence and generosity, appreciation for diversity, ability to inquire deeply and broadly,
and ability to collaborate. We would also like to nurture a global perspective in our students as well as the pursuit of peace and sustainable development.

These three academic pillars are the base upon which students build their 1) critical thinking skills, 2) communication skills, 3) research skills, 4) self-management skills and 5) social skills. Upon graduation, students will be in strong positions to pursue further studies either at home or overseas.

The inaugural class of students who joined Suito Kokusai in April 2019 enthusiastically applied themselves to making a unique school culture and challenged themselves to improve. It is my genuine joy to see students taking ownership over their school lives, actively exploring opportunities, supporting each other and growing every day.

Though we are only at the beginning of our journey, with the qualified teachers and staff at Suito Kokusai who come from all over Japan and the world, through our efforts to merge the best things from Japanese public education, international education and insights and networks from the private sector, we nurture our students as innovators in education. I would like to thank all people involved for their ongoing support and cooperation as we all work hard to turn a dream for something better into a reality.

Hiroyuki Satoh, Principal
Osaka City Suito Kokusai Junior High School
Osaka City Suito Kokusai Senior High School

CONTACT お問い合わせ

〒559-0033 大阪市住之江区南港中3丁目7-13
FAX(中高共通):06-7662-9602